HERNOヘルノのダウンジャケットはモンクレールよりフェミニン!

HERNOヘルノのダウンジャケットをPLSTで撮影!

とってもデザイン性が高くって、ダウンに見えないドレスを思わせるような風格。

HERNO3322278

HERNOヘルノは1948年にイタリア北部のマジョーレ湖畔のあるレザで創業されたアウターメーカーです。最初はメンズのレインコートから始まり、のちにウィメンズラインも立ち上げ、1960年代にはカシミアのコートを筆頭にスーツやドレスなども扱うメゾンに発展しました。

HERNOヘルノのダウンコートは、もこもこしてないのでクラシックかつ美しいフォルムが印象的です。

PLST231310886

先日ご紹介しました、Traditional Weatherwear よりも、より女性らしさを強調するスタイルです。

ちなみにトラディショナルウェザーウェアは以下のコート。

traditionaweatherwear_0916

キルティングや、ポケットのデザイン、裏地のボアなどが『女の子』っぽい。

たいしてHERNOヘルノは、ぐっと女らしく、真の意味で女子力高めなデザイン。

後ろから見ても、ウェストが程良くシェイプされていて、野暮ったさがありません。

HERNO00889

35歳以上の大人の女性に是非きて頂きたい、女っぷりが上がりそうなダウンコート、それがヘルノ。

やはり有名ダウンブランドである、モンクレールなどと比べても、カジュアル感が全くなく、それがかえってこのHERNOの持ち味になっていて、すみ分けられていますね。カジュアル系のダウンと。

これもヘルノのコート、レイヤードが超珍しい『Curly Coat』今年の新作です。

hernodown22_0860

こういった異なる素材との組み合わせがみられるのも、HERNOヘルノのアウターの特徴のようです。

袖のところ

herno333220866

取り外せるようになっていて、ファスナーで着脱します。

herno22867

herno330872

インポートものだと、大きさが心配ですが今回HERNOのコートを着て下さったスタッフさんは身長159センチぐらいでしたが、コートに着られている感は全くなく、体にきれいにフィットしていました。

HERNO3322278

人と違ったハイクラスなダウンコートを探していたら一見の価値あり!生地の質感まで写真で伝えることができませんが、抑えた光沢感のある黒い地にゴールドのファスナーがアクセントになり美しいダウンコートでした。

残念ながら、オンラインでの販売はないようですが、新宿のショップにはありましたよ。

その他、HERNOをはじめお高めダウン(デュベティカなど)色々オンラインにもありますよ→プラステPLSTicon

カジュアルがいいなら以下のコート↓

【PLST】【送料無料】Traditional Weatherwear キルティングコート
撮影協力:PLST新宿店

東京都新宿区新宿3丁目13-3
℡03-5919-6631
営業時間11時から21時まで

応援をよろしく何卒お願いいたしますっ!

ありがとうございます!!

ランキングに参加しています