タグ別アーカイブ: 抗酸化

rooibosteamat21

老化防止したいな!ルイボスティーオーガニック抗酸化茶でアンチエイジング法

老化防止したいな!ルイボスティーオーガニック

抗酸化茶でアンチエイジング法

こんにちわ!今日はルイボスティーの中でも、

最高級グレードの一つである、「オーガニッククラシック」

と呼ばれる、茶葉を利用したティーバッグで、

楽しいアンチエイジングTea Time をご紹介いたします!

 

ルイボスティーは、20年近く前に日本に上陸して、

知る人ぞ知る、抗酸化・ノンカフェイン・クセがない

アフリカのお茶です。

世界中で、南アフリカのセダーバーグ山脈一帯でのみ

栽培される希少なマメ科の植物からつくられるお茶であり、

アンチエイジングの敵である、「サビ (活性酸素)」

に対抗する、抗酸化物質 フラボノイド(ポリフェノールの一種)

を、ふんだんに含んだ茶です。 よくワインを毎日飲むと長生きする

という俗説がありますが、あの説も、ワインに含まれるポリフェノール

抗酸化物質を考えますと、うなずけます。

しかし、ワインよりもっと手軽に、毎日飲めるお茶として、

ルイボスティーとてもいいのではないかと、私は最近知人より

教えてもらってから、ハマっているのですが、こちらの

有機JAS認定商品オーガニックルイボスティー

は、普通のオーガニックのルイボスティーよりも更に、

マイルドで優しいお味を楽しめるとか。

写真のように、夏場はアイスで楽しむのも可能のようです。

今日は、ホットで飲んでみましたよ。

 

全生産量のわずか0.3%しか生産されない最高級グレード

 

このお茶は、こだわり商品研究所という、一つ一つの商品が

こだわりを持って選ばれた、かなりマニアなショップで販売しているお茶です

 

15パック入っているのですが、ひとつひとつ

トウモロコシからつくられた環境に優しい生分解繊維で

 

 

包まれた、お茶で使用後は、生ごみとして捨てることができるそうです。

今回、プレーンなルイボスティーと、しょうがフレーバーの

ルイボスティーを二種類同時に飲んでみました。

こちらのグレードは最高級茶葉。 茎を殆ど含まない葉先の部分の細かいものです。

ジンジャー風味は、右側のティーバックですが、

ノーマルのものより、白いものが入っています。

しょうがの香りが、フワーッと漂いますよ、寒い冬など

とても体が温まりそうです。

賞味期限 製造より2年間、開封後1年以内。

煮出すタイプではないので、お湯を注いで

2分ほど。お湯を入れると、懐かしい(昔のんでいたのです)

ルイボスティーの甘いような香りが・・・・!

注いだ瞬間は、淡い色ですが、少し

待っていると、濃茶になりました。

こだわり商品研究所 の購入者レビューにもありましたが、

ルイボスティー、癖はありません。

とても飲みやすい・・と思います。ノンカフェインなので、

カフェインが苦手な方や、夜飲む飲み物としても、ぴったりです。

こちらがジンジャーフレーバー。生姜は少しでも入っていると

主張が強いので、ルイボスティーというより、ジンジャーティー

のような風味でした。 大人向けですね! 

底力の出そうなお茶です。

 

では、ジンジャーなし、ノーマルの方は・・・

こちらは、ルイボス独特の味がします。

私はルイボスティーは、甘くかんじるひとです、でも

爽やかな甘み というか、本当に不思議なお茶です。

 

私がルイボスティーを飲んでいた時は、若い時だったので

あまり、その効能にありがたみはなかったのですが、

毎年、自分の年齢が確実に死に近づいている(大げさ!)

と思う肉体の衰えに、今ルイボスティーはちょっとした挑戦だったりします。

 

人間、年取るのは仕方がないし、若さにしがみつくのはどうかと思うけど、

自分が若々しくあるという意識が自分の中にあると、

それが 好奇心であれ、肌艶の良さであれ、体力であれ、

周囲も、本人も楽しいと思うのです。

 

だから、もうしばらく老け込むのは、ルイボスティーの

抗酸化作用でスローにしたい・・・ なんて思っています。

どうして、そんなにルイボスティーを期待するかって?

実際こちらを飲んでる方に会ったことがあるのですが、

若々しかったからです ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*”

ちなみにこんな飲み方もO.K !

甘いのも、美味しいです!

 お取り扱いは→ こだわり商品研究所 

 






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...