odakyushoyu1

職人醤油お取り寄せ美味しい!鶴醤、はさめず、かくみや醤油淡口母の日ギフトオススメ!

職人醤油お取り寄せ美味しい!鶴醤、はさめず、

かくみや醤油淡口母の日ギフトオススメ!

先日、湘南天然生活の方で、チラっとご紹介した、

職人醤油!全て食してみましたが・・・・

醤油って、こんなにも 風味豊かな調味料なんですか?!

今まで、無作為にジャバジャバかけていた醤油を

職人醤油にチェンジしただけで、同じ料理が 奥行きのある味 に変わって

ただただ、感動しました^^

 

醤油が好きで、わざわざ取り寄せする方もいらっしゃるようですが、

今日は、これから お醤油を取り寄せてみたい、私のような

醤油ビギナーに、職人醤油のお味をバーチャルで伝えながら

職人醤油の魅力をお伝えしたいです~~~!

 

スティーブ・ジョブズのスピリットが後押し!日本の伝統産業おこし職人醤油

 

職人醤油に出会ったのは、三月に行われた、 母の日のギフト展示会でした。

綺麗な花や、可愛らしい雑貨が多数展示されている中、何故か 「醤油」のブース。

正直、興味はあったけど(食いしん坊なので)、「母の日だし、まず花の取材だな」(←打算)

と思ってスルーしてました。ですが、不思議ですね この展示会の最後に行われる

抽選会で、なんと私がこの職人醤油をあててしまったのです、

せっかく頂いたので、ちゃんと調べてから、有難く味わいたい・・・・ その思いで

この職人醤油とやらを調べたときに、この偶然の出会いをとても感謝するほど感動しました!

 

この職人醤油は、一人の男性・・・・醤油に魅せられて、日本の各地でひっそりと

売られていた歴史ある「本物の醤油」を世に出す 天啓を受けた 高橋万太郎氏

によって、厳選された醤油です。

(写真右側 高橋万太郎氏 左側 私の友達 きりまるさん

高橋万太郎氏、前職はしょうゆとは全く関係のない 精密光学機器の営業

をされていたそうです。どうしてそこから職人醤油に携わるようになったかという事は

彼のプロフィールに詳しく書かれているので、ググってご覧下さい^^めちゃ面白いです。

職人醤油への最大の転機は

スティーブ・ジョブズの、あの名スピーチ

 The only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do.

~心の底から満足するために必要なことはたった1つ、皆さんが素晴しいと信じる仕事を行うことです。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら、自分が取り組む仕事を愛さなければなりません~  

高橋万太郎氏はこの言葉を胸に、素晴らしいと信じる仕事 

~日本の伝統産業 職人の醤油 ~ と共に歩むことを決めたのです。

今までスーパーの棚に並ぶことはなかった、

知る人ぞ知る美味しい本物の醤油 を通販で取り扱い始めました^^

 

醤油と一口にいっても蔵によって製法が全く違う

 

早速、わが家でお試ししました職人醤油をひとつずつ紹介しますね。

まずは、 鶴醤 。江戸時代より続く小豆島のヤマロク醤油の蔵より。

味を確認したいので、シンプルな野菜ローストにほんの少しつけてたべてみました。

鶴醤の製法は、再仕込み と呼ばれるもので、国産丸大豆(北陸産エンレイ)と国産小麦(北海道産)からつくった麹の中に、搾ったばかりの二夏かけてつくられた生醤油を加え、熟成を行い、一夏、二夏、三夏と熟成させた諸味をブレンドして搾ることではじめて完成を迎えます。

長いものでは5夏を経ている鶴醤 もあるとか。大量生産ではけしてなしえない風味。

醤油を作る蔵には、乳酸菌や酵母菌があるわけですが、

そこで長い期間発酵されているので、 舌の先に醤油が触れただけで熟成された

味わいが口の中に広がります。こんなシンプルな野菜でこうならば、

 

お肉などにあわせた時はいかばかりか・・・期待を膨らませつつ牛肉で試してみましたよ

黒毛和牛を、強火でジャーっと裏表焼いて、この鶴醤をかけただけ。

口に入れてみましたが、ほんの少し、鶴醤をたらしただけなのに、

甘ったるく感じる和牛が、コクのある風味になり、肉の価格からすると

大分ランクアップしたお味になりました^^ これは隠し調味料としてかなり優秀!

 

・・・・で、コレ聞いた時は、信じられなかったのが、アイスコラボ。

いくら意外性って言っても・・・ 

ヤマロク醤油では醤油プリンや醤油ワッフルなども。

最近の人気はアイスクリームに再仕込み醤油「鶴醤」!なんだそうです)

 

いい? かけてみて? (おそるおそる)

勇気いりますよ。これ。

ジャバーーーっ!!!

さーーー食べてみるか・・・・   ・・・・・・ ・・・・・・

何コレ!!!!すんごい美味しいんですけど?!

(実は今もまた鶴醤アイス食べながら書いてますこの記事)

濃い目のキャラメルと言えなくもないですが、醤油の味が

しながらアイスとこうもマッチしてしまうのはどういうことでしょう?!

一度知ってしまったら、もうバニラアイス鶴醤なしでは満足できないほど

癖になるコクコクな味。 鶴醤買ったら、是非試してほしいです~~

 

他にも万能な醤油をいただきました。まずは、

箸にはさめないおかず 「はさめず」 (それだけで美味しいってこと)

三重県伊賀市島ヶ原 の福岡醤油店 甘口 とあるので、

お刺身で試してみました。白身の魚が本当は、この「はさめず」にはオススメらしいのですけど

カツオが198円と特売だったんですよ(台所事情)

あ・・・・でも、あたりだったかも。 カツオって味が結構クセあるじゃないですか

それを優しく上品に包み込む甘さのある、しょうゆ。

しょうゆ全てを杉の大桶で熟成させており、麹づくりも昔ながらの「麹蓋(こうじぶた)」、

絞る工程も「梃子搾り(てこしぼり)」という伝統を守る数少ない福岡醤油店の

「はさめず」 はここからが、本領発揮ですよ!

これ!!卵かけご飯!!

素材と素材の一騎打ちとなる、このメニューこそ、「はさめず」の真髄を

味わえました (。◕‿◕。) 有名みたいですよこのコラボは。

 

心して・・・食べました!

はさめず・・・ どうして「はさめず」 などという、変わった名前

をつけたか。そのことに思いをはせなくても、

この卵かけご飯を一口食べた瞬間に全てを了解する。

まじ うまい です。 醤油で、こんなに印象が変わるのでしょうか?!

しかも、少量かけるだけで、風味が広がるので醤油をついついジャバジャバ

使っちゃう系の人(私)もこれはプチ減塩になりそう・・なんて期待もしちゃいました

 

最後はかくみや醤油 淡口。滋賀県の甘い醤油です。

滋賀県は元来より、醤油は甘口が好まれる地域らしいのですが、

甘口の醤油と言うと、アミノ酸などの添加物を入れる醤油が一般的な中、

かくみや醤油が使うのは「沖縄産の黒砂糖」や「レンゲの蜂蜜」。

天然一直線主義で作っています。三年熟成の醤油ですので、淡口といっても

やはり奥行きのある味わいです。

煮物にすると、汁の味が優しく 「おふくろの味」 ってこういう味かな?

と自分で作っていて思いました。

おふくろの味をお母さんに贈る。

久々にこんな長い記事を書いてしまいましたが、

私自身もこの、職人醤油というものに愛 を感じたからです。

作り手が、愛を持って仕事をし完成させたものは、受け取るものにもしっかりと

その思いが伝わる・・・ 今回三種類の職人醤油を試しましたが

どれもが、個性に溢れていてしょうゆとは、かくも表情豊かな調味料だったのか 

と感動しました。美味しかったーーー。

この職人醤油たち、100ml瓶なのですが、しょうゆを色々試すのに丁度良いサイズです。

このサイズであれば、日本各地の醤油を手軽に試す ことのできる

サイズだと思います。

こういった販売方法は他ではまず見ない手法ですね。醤油産業を愛しているからこそ

できた高橋万太郎氏の名アイデアです。

小田急百貨店で、今母の日のイチオシ商品として出ています。

お醤油はキッチンの必需品、ちょっと美味しいものをお母さんに、喜ばれると思います。

贈り物にしては安価なので、お花とあわせて送ったりするのも良いと思います、

もちろん、この職人醤油だけでも、喜ばれることは想像に難くない・・と感じましたよ

本当に、美味しかったです。

取り扱いはこちらネットで通販できます小田急のページで、職人醤油と検索してみてくださいね → 小田急百貨店

小田急オンラインショッピング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>