ビルケンシュトック ミニラボ BIRKENSTOCKPAPILLIO可愛すぎてとろける

履き心地が、夢見心地に快適な

ビルケンシュトック ! ミニラボ特別Ver. 

フランクフルト

フランクフルト(PAPILLIO/BIRKENSTOCK JAPAN・mini labo)

どこからみてもかわいい、こんなサンダルがあるでしょうか?!

ビルケンにこんな花柄・・・ミスマッチのように思えましたがどうして、こんなに可愛い

靴は見たことがない^^

可愛い上に最高のインソールが入っているので、足の感覚は快適この上ないの。

靴裏も滑り止めばっちりでしょう?可愛いエンボスです。

                BIRKENSTOCK                                                                                   その起源は、ヨハネス・アダム・ビルケンシュトックが
   教会の公文書に”臣王のシューマイスター”と記録された1774年に遡る。
   靴に装着するフットベッド(アインラーゲン)が最大の特徴。
   1963年に矯正やエクササイズという目的で開発されたサンダル第一号
   が「マドリッド」であり、現在もそのクラフトマンシップと機能美は人々に
   愛され続けている。                                       

実際、履き心地は 誰かの手のひらで包まれているような 一体感。

これって気持ちいい!!ですよ 

履いた人だけが知っているビルケンシュトックマジック。

フランクフルト(PAPILLIO/BIRKENSTOCK JAPAN・mini labo)

密かに、サイドに入れられたminilaboのサインが可愛いです。

●かかと高さ約1.5cm、片足の重さ約230g
●素材/合成皮革(塩化ビニル)、中敷:コルク×ジュート×牛革、合成底
●スペイン製

茶色の ボストン の写真は以下。

こちらだと、お庭でも気兼ねなく履けそうですね。

ボストン(PAPILLIO/BIRKENSTOCK JAPAN・mini labo)

微妙にデザインが違いますね、穴のところ。フランクフルトの方が、

丸みのあるデザイン。

改めて写真で見るまで気づかなかったわ~ うーーんどっちもカワイイ。

今は春だから、私の気分は白い花がら

 フランクフルト(PAPILLIO/BIRKENSTOCK JAPAN・mini labo)

かなぁ?

ベルメゾンネット

春の新しいサンダルに心がときめきます☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする